Home » 運命なのさ [Unmeinanosa] by Neneko Narazaki
運命なのさ [Unmeinanosa] Neneko Narazaki

運命なのさ [Unmeinanosa]

Neneko Narazaki

Published December 10th 2008
ISBN : 9784877248840
Paperback
Enter the sum

 About the Book 

まだ兄がいたのか佐藤家 佐藤兄弟の長男、涼平と高橋兄弟の従兄弟、仁の話。 佐藤兄弟は皆一途に受が好きなのですが、涼平は無理矢理同居に持っていったり、想いが通じた途端に仁の家族に挨拶に行ったり、変な所で行動力があります。 眼鏡だしイケメンなのに童貞だったり、個人的にものすごくツボな攻です。 受の仁は攻の涼平に比べたら割と普通で、酒癖が悪いという事以外はあまり癖が無いキャラだと思います。 本編もぶっ飛んでいて面白いのですが、「高橋家の受難」が面白すぎます。 佐藤家と高橋家で南の島に旅行に行きます。Moreまだ兄がいたのか佐藤家 佐藤兄弟の長男、涼平と高橋兄弟の従兄弟、仁の話。 佐藤兄弟は皆一途に受が好きなのですが、涼平は無理矢理同居に持っていったり、想いが通じた途端に仁の家族に挨拶に行ったり、変な所で行動力があります。 眼鏡だしイケメンなのに童貞だったり、個人的にものすごくツボな攻です。 受の仁は攻の涼平に比べたら割と普通で、酒癖が悪いという事以外はあまり癖が無いキャラだと思います。 本編もぶっ飛んでいて面白いのですが、「高橋家の受難」が面白すぎます。 佐藤家と高橋家で南の島に旅行に行きます。 兄達のラブラブっぷりを見て、羨ましく思う高橋兄弟の弟・健司だが、恋人の佐藤兄弟の三男・洋平は超奥手で… それにしても佐藤兄弟は全員攻で高橋家は全員受けなんですよね…そういう家系? カバー下の幼い佐藤兄弟の話が可愛すぎます。 ねねこ先生の作風が好きなら文句無くお勧めです。 読んだ事が無い方で明るくぶっ飛んだ話が好きな方には「偏愛プリンス」(余裕があれば「いっしょに暮らそ。」も)と合わせてお勧めです。 【This item is excerpted from http://www.chil-chil.net/top/. 】