Home » 恐山_死者のいる場所_(新潮新書) by 南直哉
恐山_死者のいる場所_(新潮新書) 南直哉

恐山_死者のいる場所_(新潮新書)

南直哉

Published April 15th 2012
ISBN :
Kindle Edition
109 pages
Enter the sum

 About the Book 

死者は実在する。懐かしいあの人、別れも言えず旅立った友、かけがえのない父や母――。たとえ肉体は滅んでも、彼らはそこにいる。日本一有名な霊場は、生者が死者を想うという、人類普遍の感情によって支えられてきた。イタコの前で身も世もなく泣き崩れる母、息子の死の理由を問い続ける父……。恐山は、死者への想いを預かり、魂のゆくえを決める場所なのだ。無常を生きる人々へ、「恐山の禅僧」が弔いの意義を問う。